教員免許を取るって大変だなぁ。。。

呟き

 

どうもこんにちは!!お菓子大好きシノイキスモスです!!

 

新学期が始まってもうそろそろ1ヶ月ですね!!新しい生活にはもう慣れましたか??

自分は、何とか必死にやっています(笑)

さて、自分は今地球環境のことを学ぶ学科に通っているのですが、同時に中高の理科の教員免許を取ろうとしています。

大学生の中にはこの教員免許を取得しようと頑張っている人も多くいると思います。

そこで今回は、そんな教員免許を取ろうとしている人と共感ができたらいいな!!

なんて思いながらこの記事を書いていこうと思います!!

愚痴も含まれます(笑)

 

教員免許のここが大変

専門の学科の授業以外も授業を受けなくてはならない!!

 

先ほども述べたように自分は、地球に関する勉強をしています。一応理系の分類に入る勉強をしているのですが、理科の教員免許を取るために必要な授業と全くかぶらないのです。。。

2年の前期は、学科の必修科目で大半の時間割は埋め尽くされています。

そのほかに教員免許をとる、教職課程の授業を入れると月曜から金曜までの時間割はほぼすべて埋め尽くされてしまいます。

友達にも、教職の免許をとっている人がいるのですが、その子は土曜に授業があります。

大学生といえば、全休!!とか言ってはしゃいでるイメージですが、教職をとってる人は全休が生まれることはほとんどありません。。。

 

一緒に教職を目指していた友達がどんどん減っていく!!

教職の授業を持っている先生に聞いてみるとよくある話らしいのですが、一年の最初のころに教職の資格を目指していた生徒は、4年生までに半分にまで減ってしまうとのことです。

 

先ほど述べたように、専門の学科の授業やサークル、バイトなどに時間をとられて、教職の授業をやり切れないという人が多いらしいですね。。。

実際、1年の最初のころには、僕を含めた同じ学科の5人で一緒に教職を目指していたのですが、2年になった今、早くも教職をとっているのは僕だけになってしまいました。(笑)

実際それだけ大変だということですね。。。

 

実験が多い!!

これは理科の教員免許をとっている人だけかもしれないのですが、実験が多いのです!!

自分は、地球環境を勉強しているのでただでさえ、学科専門の実験があるというのに、教職の実験までっ入ってきてしまいとても大変です(笑)

理科の教員免許をとるには、生物、物理、化学、地学の実験を行わなくてはなりません。

しかも結構授業が厳しいのです(笑)

将来、生徒に教育する立場につこうとしているから当然と言っちゃ当然なのですが、実験の授業は1回でも休んだら単位をもらえなかったりします。その授業をとっている間は絶対に風邪などを引くことができないので結構緊張してしまいますね(笑)

 

時間割を組むのが難しい!!

僕が教職で一番悩んでいるのはこれです!!

時間割が本当に難しい!!

学科の必修科目と、教職の必修科目が被った時なんて本当に大変です(笑)

しかも、ちゃんと単位をとれている人なんかはまだ何とかなるのですが、僕みたいに学科の必修科目の単位を落とした人なんかはもっと大変です(笑)

1年の時の学科の必修科目と2年の教職必修科目が被ってしまい、とても大変な思いをしています(笑)

教職をとっている人は単位は絶対に落とさないようにしましょう(笑)

 

自分の時間が無くなる!!

これは自分の時間割の組み方のせいもあるかもしれないのですが、自分の時間が2年になってから本当になくなってしまいました。

平日は毎日5限まで授業があり、さらに毎週5枚くらいのレポートが出されます。そのため平日にバイトに入ることは難しいです。

土日は平日に入れない分バイトをしなくてはなりません。そのため土日はバイト三昧で終わってしまいます。

この生活のために自分のやりたいことができない生活がちょっときついです!!(笑)

 

まとめ

教員免許をとるのは簡単だと思っている人も結構いると思います。

しかし、やばいくらい大変です。。。

学校の先生たちはこんな大変な試練を乗り越えて教師をやっているのだと思うと尊敬します(笑)

もし教職をとろうとしている人がいたら、

単位はおとすな!!

ということを声に出して言いたいです(笑)

コメント